Pocket

Travel Design

Local restaurant in Akita
We highly recommend you to stay at farmer’s guest house when you come to Akita. Farmer’s guest house is an accommodation style which farmers use their own home or vacant house to host visitors. You can experience a life of rural Japan that you cannot do at ordinary hotels. What you can try differ house by house, but you can enjoy a lot by cooking meals together.
秋田県に来たら、ぜひ体験してほしいのが「農家民宿」と呼ばれる宿です。農家民宿とは農家さんが自分の家や、空き家を活用して宿をしているところです。ここでは通常の宿では味わえない、日本の生活を体験することができます。宿にもよって、体験内容は様々ですが、一緒に食事を作って、楽しむことができます。

From spring to summer, cooking start from helping their work at the farm and going to the mountain to look for edible herbs. Visitors can go hiking, and farmers will tell them which one is edible.
春から夏にかけては、農作業をお手伝いしたり、山菜と呼ばれる山に自生する食材を採りにいくところから食事作りが始まります。どの植物が食べられるのか、農家さんに教えてもらいながら、山を歩きます。

This is a mountain herb “Fuki.” It is a plant that Totoro uses as an umbrella while waiting for the bus if you have seen that Ghibli movie. People eat small one since Fuki do not taste good when they grow too large.
これはフキと呼ばれる山菜です。ジブリ映画トトロが雨の中バス停で待つシーンに傘がわりに使ってた植物です。大きくなりすぎると美味しくなくなるので、食材には小さなものを採って来ます。


This is mountain Wasabi. Wasabi grows only near clean rivers. Local people know well about where Wasabi is, but it is a difficult one to find for beginners.
これは山わさびです。綺麗な渓流の近くでしか見つけることができません。地域の人はどこに自生しているか、よく知っていますが、初めて山に入る人にとっては見つけることがとても難しい山菜です。

They make Tempura and other dishes by those mountain herbs. Ingredients and spices are very simple that you can remember it easily too. Let’s try to make one!
持ち帰って来た山菜は天ぷらなどに調理して行きます。食材や調味料はとてもシンプルで皆さんでも簡単に覚えることができると思います。是非、皆さんトライしてみてください!

 (Student from Thailand)
Why Onigiri is Triangle

I’ve learned a lot of cooking at farmer’s guest house. Onigiri: rice ball was the best one. Onigiri is well known in Thailand too because many convenience stores sell them. It is familiar also because from Anime and TV shows which people eat Onigiri.
農家民宿で、様々な料理を学びました。その中でも私が一番感動したのはおにぎりです。タイではおにぎりはよく知られています。コンビニエンスストアで売っているからです。また、アニメやドラマでよく三角形のおにぎりを食べているシーンを見ていたので馴染みがありました。


But it was difficult to make one. I was surprised how local people make Onigiri. They placed rice that is just cooked on their hand and make it a triangle. Cooked rice is very hot and hard even touch. It was also challenging to make a good shape as local people did. I used to think that Onigiri is produced in factory using machines. I’ve heard that many mothers in Japanese family make Onigiri and kids take it as school lunch. It’s heartwarming to know that Onigiri is made with love and support for children.
しかし、実際に作ってみるととても難しかったです。農家さんの作り方を見ていると驚きました。炊きたてのご飯を手にとってそのまま三角形に握っていたんです。ご飯が熱く、触ることすら難しいですし、握っているとご飯が崩れてぐちゃぐちゃになります。農家さんのように綺麗な三角形にすることはとても大変でした。
私のイメージでは機械でおにぎりは作られるのかと思っていましたが、そうではりませんでした。日本では学校にお弁当を持って行き、お母さんが毎朝おにぎりを子供達に握ってくれるそうです。子供達へ愛情込めて作っているんだなと、心が温かくなりました。