Pocket

Travel Design

Fish of the Season
Japanese people consume 56 kg of fish per capita. Don’t we get bored? No. Yes, we do eat fish all the time, but there are plenty of different fishes depending on seasons. People grow and eat different vegetables each season. Then how about fishes? Fishes are always there in the water, but they do have a season too. Fishes taste the best just before spawning, and that is when we chase the nutritious best-tasting ones.
世界で魚の消費量が最も高い日本人はなんと、1人あたり年間56キロもの魚を消費します。そんなに食べて飽きないのか?と思われるかもしれませんが、日本人は季節によって様々な種類の魚を食しています。魚の旬とはどういうことなのか?野菜であれば収穫の時期が旬ですが、魚はずっと生きているわけです。実は魚の旬とは産卵の直前の時期だそうです。産卵に向けて栄養をたっぷり蓄えた魚が美味しい、旬の魚というわけです。

Fish of Akita
There are a variety of fishes in Akita that people catch fishes of the season. “Hatahata” is the most famous here that people call it  “The fish of Akita.” Snow starts to cover the ground and water gets rough from mid-December. Hanahata comes to the coastline from deep in the ocean for spawning at that time. “Hatahata” means fish of thunder in Japanese letter. Fishermen say that Hanahata comes to the coast on the rough and stormy sea like a day of thunder.
ここ、秋田県でも様々な魚が住んでおり、季節によって旬の魚は異なります。その中でも、秋田で一番有名な魚はハタハタです。12月の中旬頃、秋田県では雪が積もり始め、海は荒れ出します。その頃、産卵を迎えるハタハタは海のそこから岸へと近づいてきます。ハタハタを漢字で書くと「鰰」と書き、雷が鳴るような海の荒れた時に、岸にやってくると言われています。

A Last Big Work of the Year
People in Akita get excited for the season of Hanahata when the long winter is about to begin. It is one of the busiest seasons for workers at fishing industry in Akita. Sometimes the ship is about to sink because of the enormous weight of this fish. Locals get together to sort these fishes by sex and size and send them to markets immediately. Hatahata goes back to the bottom of the sea after a week of spawning that the harvest season is very limited. People in Akita work hard for the harvest as the last big job of the year.
秋田の人々は長い冬が始まることにやってくるハタハタを大変嬉しく迎えます。この頃漁港は大忙しです。時にはハタハタが多すぎて、船が沈みそうになるくらいです。地域の皆さんが集まり、オスとメス、サイズによって選別し、すぐに市場へ出荷します。ハタハタは一週間もすれば産卵を終えて、海の底へ帰って行きます。お正月前の最後の大仕事として秋田の人々は頑張ります。

From Germany
「ハタハタが来る!」急に漁師さんから電話があり、私たちは港へ向かいました。その晩は嵐のような天候で、雷がなり、雪がたくさん降っていました。ハタハタは雷の魚と言われているようです。嵐の夜に深海から浅瀬にやって来て、卵を産むんだそうです。

しかし、残念ながら、次の日の朝に行ってみると、魚は見ることができませんでした。嵐が強すぎて船が出られなかったのです。自然と戦う漁師は大変だと思いました。それから私たちは時を待って、次の週に浅瀬についたハタハタをようやく見ることができました!その様子は次の記事で紹介します!